リラックスだけでなく様々な効能

アーティチョークは、ギリシャ、ローマ時代から、脂肪やアルコールの代謝を助ける植物として重宝されてきたハーブで、

ヨーロッパでは普通に、サラダやシチューなどの料理に用いられています。

珍味として花のつぼみを食用することでも有名です。

ベトナムでは薬草茶として愛用されてきた経緯があり、キク科に属していて、チョウセンアザミとも呼ばれています。

巨大なアザミの意味のアラビア語が語源となっていて、飲むと少しほろ苦いハーブティです。アーティチョークには、

様々な成分が含まれていて、シナリン、ミネラル、鉄、カリウム、カルシウム、ビタミンP、アミノ酸など、豊富な栄養成分が含まれています。

効能としては、肝臓や腎臓の代謝機能の強化、胆汁分泌促進効果があります。

また、コレステロール値と脂肪を下げる働きがあるので、便秘にも効果をもたらします。

アーティチョークは、お酒をよく飲む人に最適の肝臓の特効薬と言われていて、体がむくみがちの症状も改善してくれます。

古くから、薬用ハーブとして用いられてきた実績があり、多肉質のアザミに似た大きな花をさかせます。

葉に含まれているシナリンという成分に、肝臓の解毒作用があることから、ベトナムでは、

肝臓に効果のある薬草茶として、二日酔いを防止のためによく利用されています。

コメント

コメントを受け付けておりません。